お菓子箱。

徒然なるままに好きな歌詞を書いて行きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朔宵

作詞:黒崎眞弥 作曲:九条武政


かァごめ かァごめのなか 誰そ彼の朱に落つ
踊る祭囃 噎せ返る人垣
連ぬる提灯の狭間に ゆらぁり 影
孤面「おいでや おいで」 丹と笑み 手招き

‥嗚呼…ぁ…あぁぁ

右手ニ 朱ク滴ル甘ィ 林檎飴
左手ヲ 引ク少女繋ぐも 見ズ知ラズ
虚ろ目 鬼火 蒼黒く揺らめき
祭り囃背向けし 空蝉ノ森ニ

蝉時雨と共に憂ひに戯らば
十を数ヱ振り返り縷々と口遊み
「ねんねんおころりよ」揺湯ふ子守唄
骨身深く染入りて四方は丑刻

朔の夜 這い出づる
怨み 辛み 妬み 悔闇 憎染み
夥しき腕
彼方 此方 其方 何方 伸び出でる

孤面 囁ク
「ほぉら 逃げしゃんせ」

踏み染む跫は
ゆらァり どろォり べちャり じろり ぐるゥり と
孤面は指差すも
彼方 此方 其方 何方 せせらセラ嗤ゥ

佇む【その子】手引き 参道駆けれど
九十九折の鳥居 歪む石畳路
谺せし-か-ら-こ-ろ-か-ら-ん- 鼻緒 ぷつり と
卒爾に 【此ノ子】引き攣りて含み笑ヱバ

結 ビ 手 開 キ

真ん丸 な 眼が
見開き 血走らせ 這ひ摺り廻らば
朽ち木に 逆さ吊
彼方 此方 其方 何方 宙ぶらァり

女童 問ふ 皺嗄レ声デ
「う し ろ の 正 面…だぁアれ?」 指差す

目隠し鬼さん 夜明けノ晩ニ
鳴かずの鶏ハ 首ちょん切ラレ
「あはれなり」

朔の夜 這い出づる
怨み 辛み 妬み 悔闇 憎染み
夥しき腕
彼方 此方 其方 何方 伸び出でる

孤面 嘲り
「ほぉら ツ カ マ エ タ」

踏み染む跫は
ゆらァり どろォり べちャり じろり ぐるゥり と
籠目駕籠ノ中ハ
何時 何時 出やる 出やれずに 小止ミ咽ク 消ユ
スポンサーサイト
雨夜ニ笑ヱバ

作詞:酒井参輝 作曲:酒井参輝


慟哭にも似た私を招く しとしとの中に埋もれた声は
一夜一夜と軋みをあげて ひたひた…ひたひた…夢枕

「ずっと一緒だよ…って約束したじゃない」と伸ばされた手

紫陽花の様な笑い声をあげて喉を絞め付ける…
遠のく意識の中で垣間見た懐かしい顔は…

幼心に響いた愛を求め彷徨うは夜な夜なに…
剥がれ掛けた口を垂れる声は私を犯して右往左往…

幼い頃はどんな時も隣に居てくれた
貴女が埃に塗れたのは何時からだったろうか…

あの日を取り戻したい それさえもわかってあげれない…
同じ時を生きていたい ただそれだけの事なのに…

紫陽花の様な笑い声をあげて喉を絞め付ける…
遠のく意識の中で垣間見た懐かしい顔は…

結び目も見えぬ記憶の糸を優しく梳き解く
無邪気さ故の残酷さに気がつけぬ貴女…

嘆き泣き叫ぶ声は雨に喰われて夜に呑まれる…
紫陽花の様な笑い声は私を犯して右往左往…
別レ日和ハ仄カニ染マル

作詞:酒井参輝 作曲:酒井参輝


この季節を重ねる度 僕は空を仰ぎ
物憂げな顔を見せるのも仮初時変と過ぎ行く

だけど…
淡色の記憶は僕を縛り
何時までも…何処までも…追い越せない…

桜咲く思い出は「気紛れな嘘」と笑ってくれたなら
桜散るこの時に涙もしなかった
あの日別れ際に小さく振った右手に落ちた一片
紡ごうとしていたのかもと今は思う…

過去の未練から逃げたくても 僕は僕を捨てきれず
何も知らない…
何も持たない…
何も受け入れない…
鈍色の僕なら良かった…

思い出の優しさに縋る僕
変われぬ弱さを君のせいにして

さよなら…愛した人 君の事はもう忘れてもいいですか?
二人で誓い合った桜の木の下に
「約束」を…
「思い出」を…
「生涯の愛」を…
「僕が寂しさに負け零した涙」を…
手向け呟いてた…

桜咲く思い出は「気紛れな嘘」と笑ってくれたなら
桜散るこの時に涙もしなかった
あの日別れ際に小さく振った右手に落ちた一片
紡ごうとしていたのかもと今は思う…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。