お菓子箱。

徒然なるままに好きな歌詞を書いて行きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セシリー癖
作詞/作曲:涼平


あなたが謳ってくれた音楽が、どんどん迫ってくるよ。
耳から離れないよ。

どれほど、雨が強く降り続けたのだろう。
あたしは、服の中に返しそびれた本を持ったまま,

もう、本とあたしより、アスファルトとあたしの方が親和性が高くなっているよ。
涙は意味をなさない。こんな土砂降りで、一般的にひどいといわれる状況だよね。

本は、濡れないように、大事に懐に入れて持っているよ。
このまま、地面に吸い付いて、植物になればいいのに。

もう、本とあたしより、アスファルトとあたしの方が親和性が高くなっているよ。
声は空気が通しはしない。

慰めてほしくて 漏らす声 流されて
最後なんだよね
確認をしなくちゃ 「あおああ」と 君の口の形

約束は噛んだ飴 割れ散り 溶け出して
無駄なプライドの
高い私はね 「さよなら」と 真似をするしかなかったの

…なのに、まだ、動けないよ。
足は雨が止むまで、分子間隙すらも無視してくるよ。
「エム」が止めている。
スポンサーサイト
猫夜亭
作詞/作曲:涼平


不思議な海でした。
こんな夜更けに訪れるのは。
異形も異形。個性的も個性的な彼らは。

「木の匂いがする。
マッシュルームは柔らかく煮込まれていて、甘味も充分な。
まるで個性的も個性的なカレイドスコゥプ。」

にっこりするね、僕の解説を聞いた君は。

            ドキドキする、僕は。

まだまだ遠い、距離を埋めたい。
こんな思いはいつ以来だろうか。

風が冷たい。
二人半袖だけどうずくまり、話をいっぱいした。
         ぎりぎり近い、距離にあてられ、こんな想いは伝わるのかな?

夜がやってきました。
僕は何も言わなくなったけど、
たしかな体温が、
ときめきを保証してくれました
ダウナービューティフルソング
作詞/作曲:涼平


いつでも、追い続けていた、理想の形。
いやでも、見てしまうんだ、才能の限り。
だから、今あらんかぎりの、美しい、メロディ達をこの歌に。
    これほど、シンプルで、ほの暗い、アレンジ達をこの歌に、

 何かを掴みたい、何かを離して、艶めく声を手に入れたんだ、僕は。

  何より辛い夜は、自分を高めるための場所だと思えるようになりたい。

   だから、みんなこの歌を、覚えていてください。

「ゆびきりをしよう」
カオス・クリーム・フェスティバル
作詞/作曲:涼平


ほろん ほろん 踊りが始まりました。そら 僕らも混じろう。
様々なクリームを顔に塗りつけた狐達が、猫や犬も交え…

一回りするごとにつがいになって口づけをしてゆくの。
色々の味をもつ口紅、次の刺激を舌に与える。

ごくり ごくり 渇きを癒す。 間奏が始まるようだ。

飛んで、混ざれ、君はまだ、僕もまだ。
楽しさを知らないのだから。

周りを2値化(閾値80/256)してしまえばもう、「まっしろ」な君の袖や顔しか、覗けないよ。
意識さえせず、心は閾値を上げている。

都会的で洗練された君、「まっくろ」な土着の動物の中に、映えているよ。
僕だって、盲目になることもあるのさ。

ダンスの中心、燃え盛る炎のなかに、この時間だから雪が降り始めた。
雪は、ぱつぱつと炎の中、青や緑の花火となって、祭りの終わりを告げてゆくのでしょう。

(鉄の島の傾向として、夕方?深夜は「トオリユキ」が多い、「鉄工所」のネルアブラのせいで、トオリユキは少量の油分も含む、「トオリユキ」は「雪」とは本質的に別の物である。但し「アブラ」を含むこと以外は似たような性質をもつ、つまり「白く、冷たく、空から降り、平たく積もり、そして美しい。」)
灰キノコの森、さまよい魚
作詞/作曲:涼平


通り抜ける魚達は、風船売りがやってくるのを待っている。
人の背丈の3倍もある灰キノコの群れ。

その奥深くに風船売りは住んでいるから、
僕らも「カラノキタイ」を風船に詰めてもらおう。

(風船売りは灰キノコをかじるのが好きだ。タバコを吸うようにね。)

「カラノキタイ」を体に入れてもらいたい「さまよい魚」たちは
必然的に森に集中するのだよね。

(そうすれば、この島に住む、動物と恋を語らう事だって出来るようになる。)

すごい勢いで飛び回るから、
僕らはほとんど匍匐前進で這うように歩かないといけない。

「大好きです」と「一つ目の魚」は想い人に言うためにね、
「さまよい魚」になって飛び回ってきたのだそうです。
彼女は、少し微笑んで、「さまよい魚」と二人で楽しそうに話をしていた。

僕は、少しの間に、多量の嫉妬を覚えた。
「魚」の恋の成否はともかく、素直な言葉を吐くのは難しいよね。
特に僕みたいなのには、とても難しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。