お菓子箱。

徒然なるままに好きな歌詞を書いて行きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天華

作詞:黒崎眞弥、遠海准司 作曲:九条武政 編曲:九条武政


拝啓、___様

実りの秋となり、木々の梢も色づひて参りました。
―中略―
この胸、焦がれ焦れるやうに。
温みが 今も 未だあります。
__を 恋ひ慕ひます。

煌々と照らす木漏れ日を切なく感じて心に染み入る

君よ、何処へ…何時までも待ってゐます
打ち拉がれた蒼 朱く染まる
彼行けば 枯れ生きて 風と成りけり
終焉の閃光に 両手翳して

拝啓、___さん

冷雨が降り続く鉛色の空は今日も泣ひてをります。
―中略―
笑顔で きっと 帰ります。
含羞む写真をお守りに。
___よ どうか それまで…

ゆらゆらと揺れる篝火は刹那に嘶き烈しく耀く

君よ、何処へ…何時までも呼んでゐます
打ち拉がれた蒼 朱く染まる
我征けば 破れ逝きて 風と成りけり
終焉の閃光に 両手翳した

「我が愛よ、幸あらん事を…」

君よ、何処へ…何時までも咲ひてゐます
掴めると信じて 双手翳した
彼行きて 我征けば 潰へても尚…
此のまゝ枯れやうと 華は朽ちず

一輪の天華と生つて
スポンサーサイト
涙唄

作詞:酒井参輝 作曲:酒井参輝 編曲:酒井参輝


重ね重ね色付く浮世の中 漆黒の拒絶に酔う僕は
君の影を追い掛け…己が影に飲まれて…

重ね重ね色付く浮世の中 漆黒の拒絶に酔う僕は
明日を遠ざける様に 逆巻く迷子の迷子

ゆらゆら揺らめく薄紅が 二人を分かつ風となり
藻掻き足掻き手にしたモノは 思いでひとひら…

声がする…声がする…
君を見失った僕の胸に刺さる
ソレは優しい「涙唄」

「行かないで」
「ずっと傍に居て」
「独りに なるのは嫌だ」

虚しく卯月の空に舞う 言の葉…蒼天に散る

ゆらゆら揺らめく白銀が 僕を縛る枷となり
藻掻き足掻き手にしたモノは 薄紅の刻

声がする…声がする…
君を見失った僕の胸に刺さる
ソレは優しい「涙唄」
空蝉

作詞:酒井参輝 作曲:酒井参輝 編曲:酒井参輝


叫ぶのは眩し過ぎる短命の最中…
舞えど…舞えど…されども見えぬ日出彼方

叫ぶのは心ノ臓が泪流せぬから…
逃れ…逃れ…されども迫る儚き此方此方

叫ぶのは畏怖を金切る脆弱な鋏…
裂いて…裂いて…散らばるモノは霹靂の翅

何を馳せるのか…闇夜の間に間に
何を成せるのか…白昼夢

朽ち堕ちて砕け散るとて…残したソレは「生きた証」
風に浚われて消え行く咲けぬ華でも…
明を見て脱ぎ捨てた昨…残したソレは「生きた証」
土に飲み込まれ消え行く咲けぬ花でも…

叫ぶのは終焉の日に誰も泣かぬから…
乞えど…乞えど…突き刺さるのは無機質な鳴き声

叫ぶのは記憶に刻み付けたいから…
泣けど…泣けど…突き刺さるのは無機質な鳴き声

何を馳せるのか…闇夜の間に間に
何を成せるのか…白昼夢

この声が想から葬へ…残したソレは「死した証」
夢に舞い、夢に謳えば…咲き誇る華
この翅が散から餐へ…残したソレは「死した証」
命を結い、命を生すなら…咲き誇る華

ここに響く「哭泣の鳴」謳い刻むソレは「生きた証」
傀儡のままに散り行く事の無き様に
ここに響く「哭泣の鳴」謳い刻むソレは「生きた証」
傀儡のままに散り行く事の無き様に

朽ち堕ちて砕け散るとて…残したソレは「生きた証」
風に浚われて消え行く咲けぬ華でも…
明を見て脱ぎ捨てた昨…残したソレは「生きた証」
土に飲み込まれ消え行く咲けぬ華でも…
宵月

作詞:酒井参輝 作曲:酒井参輝 編曲:酒井参輝


今、風に舞い落ちる響の宴
じわり…染み入るのは朱の艶
行き場を無くし…のらりくらり…
彷徨い…やがて喰らい尽くす

「心理の真裏」

今、風に絡み付く狂の縁
ふらり…踏み出したなら絶の厭
終わらぬ終わり…のらりくらり…
彷徨い…やがて迷い込むは

「輪廻の鈴音」

選ぶ事も許されぬ 拒む事も許されぬ
その果てに待つは 逃げられぬ

唯一無二の無に堕ちる

生に獅噛み付いたとて 踏み躙られる枯れた命
逝けぬならせめて空高く…舞い上げて欲しい…

寒空に願えど月はソレを見て笑う

生に獅噛み付いたとて 踏み躙られる枯れた命
逝けぬならせめて空高く…舞い上げて欲しい…

燃え焦がし身は崩れ 塵々弄びし命
もう二度と戻れない程に…舞い上げて欲しい…

寒空に願えど月はソレを見て笑う
何時になれば…何処に行けば…眠れるのだろう…

止まれ…

止まれ…

止まれ…
化猫

作詞:酒井参輝 作曲:酒井参輝 編曲:酒井参輝


生殺与奪の人の業 八百万の虫唾
刎ねた首の眼に映る爛れた化けの皮

そんなお前の艱苦を渇望…強か咽喉を鳴らす

恐れ慄くは哀れや哀れ
慌てふためくは滑稽の様
歎き泣き叫ぶ哀れや哀れ
爪を研ぎ澄まし酷刑の様

愛せるのならば…
愛されるならば…
物言わぬ骸で良い…
勾引された籠の中 触れた温もりが痛い
言葉奪われて…
心壊されて…
落ちるは奈落…

「丸い闇」

残されたのは悔恨呪怨 私が貪り喰らう

口から漏れる懇願が腐臭を撒き散らす
引き摺り出された成れの果て 赤黒い走馬灯

そんなお前の艱苦を渇望…強か咽喉を鳴らす
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。