お菓子箱。

徒然なるままに好きな歌詞を書いて行きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛シクモ切ナイ仄甘ク喘グ其ノ声ヲ…

作詞:黒崎眞弥 作曲:九条武政 編曲:九条武政、己龍


いくどめかの夜が訪れて
いくどめかのあしたが暮れ逝く

囁きし愛の言霊
なれど、やをらぬくもり薄れていきき

首ににほい濃く残る痕もいと恋し

何時からか想いすれ違い
距離感さえも分からなくて
出会ったアノ頃の君とは
まるで変わってしまった貴女だから
真相をひた隠し戯れて

浮かんでは苛む 凡て灰色へと
こんな日々ならば 僕ダケノ色ニ染メテ…

其の首をこはく絞めせば すれ違う想い、
離れてゆく気持ちも 二人…
相愛の頃に戻れますか?
此の首をきつく絞めせば仄甘い声で鳴き、
喘ぐ声すらも きっと… 愛しくて堪らない筈

深く寝息を立て微唾む幼顔の姿を横目に

乱雑に散らかる部屋で 不意に視界に入る一つの手帳
手繰寄せ、引き寄せて…開いた

「コレ」…に書いて遭った-僕ノ知ラナイ君-
心の裏側 赤ク腫レ混濁シタ

嘘を嘘で塗り重ねて
互いに傷付き傷付け合う事さえ 君も…
気付かぬフリで遣り過ごしていた
薬指嵌めた指輪も色褪せてくすみ溝は
深まり続け 僕も
飾る写真の様に微笑えずに

其ノ首ヲコハク絞メセバ すれ違う想い、
離れてゆく気持ちも 二人…
相愛の頃に戻れますか?
此ノ首ヲクツク絞メセバ仄甘い声で
鳴き歪む表情浮かべ やはら…
両の手が食ひ込む場所へと…
スポンサーサイト
遊郭

作詞:酒井参輝 作曲:酒井参輝


お前に初めて出会ったアノ夜が、
俺の汚点の始まりだったのかもしれない…

お前が俺に分け与えてくれた優しさも、
全ては私利私欲の為だったんだろ…?

幾ら過去の事とは言え、
お前を愛した事をここまで後悔するなんて…
本当に俺は…

思い出何て呼べる程、
綺麗な記憶でもないから…
忘れる為に抱いた女にも、
お前の影が重なって…

お決まりの前戯にアレが勃つ事は無く…
強いて言うなれば、俺が「苛立つ」くらいさ…

切なげで悲しげで陰鬱な表情も
どうせフリなんだろ…?
もう止めてくれ…

頭がキレ気味の尻軽なお前の
何を信じれば良いのか教えてくれよ…

そんな目で俺を見つめた所で
今更気持ちが揺らぐ訳が無いだろう…?
白濁セシ蝶

作詞:黒崎眞弥 作曲:黒崎眞弥、九条武政 編曲:九条武政、己龍


なまめかしく舞ゐ踊る蝶は 張りありかす
見えざる意図に掛かり
ふと目がおどろき朦朧なる中 今か今かと蠢き犇めく影が
なかなかなる偽善の塊 一筋の月明かりのみが
差し込む薄暗き部屋にて唾液に塗れてゆく

白濁せし雨に打たれて 羽根は塗れ雁字搦めに藻掻き
しどけなき敷布に衣類 頬を伝ふ泪に乾きし痕
纏わり付きし痛みは消えず 毟られ舞ふ羽根が…

ひとつ 悲鳴に拒絶の言葉
ふたつ 屈辱 羞恥の裏側
みっつ 快楽に泣きつつも溺れ
よっつ 其の憎しみ忘るるなかれ

絲轢く指に絡み付きし 悶え軋み揺らめく肢体
擦るる度に薄洩るる吐息 侵食されてゆく
なかなかなる偽善の塊 
一筋の月明かりのみが
差し込む薄暗き部屋にて 唾液に塗れて逝く
アナザーサイド

作詞:酒井参輝 作曲:酒井参輝 編曲:酒井参輝、九条武政、己龍


秋の朱い空に光る星を見つめ
僕の声に無理な笑みを作る君に気がついてた…

アイツに別れを告げてから一年余りが過ぎて
僕を受け入れてくれた日もそんな顔をしてた…

何時までも…思い出に縋って
何時までも…僕の事、本当に見ようとはしてくれないんだね…

そうやって現実に目を伏せて生きていく事が
何処までも…僕の心を傷付けているか
解っているのかな…
ねぇ…僕を見てよ…

僕の想いが千切れてく…君との愛を誓い
「ゆびきり」をした小指までも…
たった三センチだったけどソレがきみと…
嗚々…僕を繋ぐ唯一の距離だったのに…

僕の想いが千切れてく…君との愛を誓い
「ゆびきり」をした小指までも…
千切れた愛を戻したくて小指から
「運命の朱い糸」を紡ぎ出してた…

「痛み」か「悲しみ」か「朱い夕日の眩しさ」か…
僕の全てが涙で滲んで何も見えないよ…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。