お菓子箱。

徒然なるままに好きな歌詞を書いて行きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
達磨

作詞:黒崎眞弥 作曲:九条武政 編曲:九条武政

「ええ、其れまでは性癖や自慰でさえも非常に平凡なものでした。」

ぴちゃびちゃぐちゃ…どろぉ…だらぁだらぁり
剥き出し柘榴の糸引き花
呂律の羅列 らりるれろら

奥まで開いて覗く。

いないないないないないないばあ
左脚 右腕 膣痙攣
回る姦る廻る姦る
だるまさんがころんだ

ぴちゃびちゃぐちゃ…どろぉ…だらぁだらぁり
奇異な曲線に反り立つ魔羅
呂律の羅列 るれりらるれ

ごろり、ごろんと。

いないないないないないないばあ
右脚 左胸 貞操帯
回る姦る廻る姦る
だるまさんがわらった

「彼女の左脚は透き通るように白く綺麗で柔らかく…遂には其の味を知ってみたくなった、其れだけの事です。
 ただ、単純に性的興奮を覚える事への嗜好が変わってしまったというだけですから僕にとっては至って普通のもなのです。
 彼女もどうやらソレが心地好かったのか、ええきっとそうでしょう僕に満面の笑みを浮かべてくれていましたから。
 とても清々しい朝で優しく微笑みかけてくれていたのが何よりも本当の意味で貴女を手に入れた素晴らしい朝でもあり全ての始まりなのです。」

「そんなに僕の事が、嫌いですか?」

いないないないないないないばあ

「御喋り雀は舌切り落とせ」

嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌 嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌
嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌 嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌

まわるまわるまわるまわる

だるまさんがこわれた
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minto0802.blog78.fc2.com/tb.php/130-c06c4934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。