お菓子箱。

徒然なるままに好きな歌詞を書いて行きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
十三夜

作詞:黒崎眞弥 作曲:九条武政

姉が孕んだ
種は恐らく父のもので
母の消えた日に堕胎した

夜明けの晩

鶴と亀が滑った 後ろの正面だあれ
朦朧 錯落 回環 揺曳 狂悖 溷濁

四肢に施す枷と目隠し
畳の目数えては

「垂れ流す蜜は是こそ、愚の骨頂」

玩弄の籠 いつ出やる
薫る菊は蕾の花を開く
孕み喰らい また孕む
臥した肌を這う指先は溶け爛れた

ゆらぁ ゆらり ゆぅらら

糜爛の百合 が 白を剥き自慰に塗れ
腐爛の人 は 赤を剥き捻れて縊死

爛れた月

四肢に施す枷と目隠し
天井の染み数え

「熟れ腐る舌鼓はまるで柘榴の歯触り」

歪な影絵に歪む聲は飲み込まれ

浮き沈み澱み揺らめいた
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minto0802.blog78.fc2.com/tb.php/133-668c3424
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。