お菓子箱。

徒然なるままに好きな歌詞を書いて行きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別レ日和ハ仄カニ染マル

作詞:酒井参輝 作曲:酒井参輝


この季節を重ねる度 僕は空を仰ぎ
物憂げな顔を見せるのも仮初時変と過ぎ行く

だけど…
淡色の記憶は僕を縛り
何時までも…何処までも…追い越せない…

桜咲く思い出は「気紛れな嘘」と笑ってくれたなら
桜散るこの時に涙もしなかった
あの日別れ際に小さく振った右手に落ちた一片
紡ごうとしていたのかもと今は思う…

過去の未練から逃げたくても 僕は僕を捨てきれず
何も知らない…
何も持たない…
何も受け入れない…
鈍色の僕なら良かった…

思い出の優しさに縋る僕
変われぬ弱さを君のせいにして

さよなら…愛した人 君の事はもう忘れてもいいですか?
二人で誓い合った桜の木の下に
「約束」を…
「思い出」を…
「生涯の愛」を…
「僕が寂しさに負け零した涙」を…
手向け呟いてた…

桜咲く思い出は「気紛れな嘘」と笑ってくれたなら
桜散るこの時に涙もしなかった
あの日別れ際に小さく振った右手に落ちた一片
紡ごうとしていたのかもと今は思う…
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minto0802.blog78.fc2.com/tb.php/69-44e07029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。