お菓子箱。

徒然なるままに好きな歌詞を書いて行きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下弦櫻
作詞:葵 作曲:猟兵



火葬か埋葬か迷いました。
こんなところにも「A型気質=優柔不断」が表れるのだと
気付きました。
早く・・腐らぬうち早く。

悩んだ挙句、四月生まれの目立ちたがり屋の人だから
皆に愛される桜の木の下に埋めました。でも、
それが失敗の始まりでした・・

十夜、百夜とあなたから目を反らしましたが
この時季になると、「さくら。さくら。」と
囃し立て、己ずと涙が止まりません・・

忘れられないノ。あなたと・・

ゆらり ら ゆらゆら 煌く
桜 咲く中で泣いて
春歌、溢れる浮き世に
あたしの叫び声、消して

あれから視界覆った前髪。
切っても切っても、断ち切れないのは、
幸せだった頃の残像・・
あれから止まったままのあたしを。
そろそろ、動かさなけりゃ。
あなたを嫌いになる前に・・
想い⇒真空パック。
引き攣る笑顔とヤツレタ頬。
こんなカオじゃ、あなたに逢えないね・・

「愛していて欲しいから」

ゆらり ら ゆらゆら 煌く
桜 咲く中で 裂いて
遙か、重なる記憶を
あたしの未来から、消して

さようなら さようなら
・・逢いたい。
桜 舞い散る中 独り。
春歌 溢れる浮き世より
「ここにいるわ」と手を振って。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://minto0802.blog78.fc2.com/tb.php/97-f3354071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。